遺品整理で見つかったお宝!?骨董品の価値や買取など豆知識を分かりやすく解説

このサイトでは遺品整理で見つかった場合に備えて知っておきたい、お宝を役立てるための骨董品の価値や買取などの豆知識を分かりやすく解説しています。
古びたアイテムはその価値に気づかないまま処分しかねませんので、注意が必要です。
古銭・記念硬貨・オリンピック記念メダルなども骨董の扱いになります。
場合によっては売却することができるでしょう。
骨董の買取専門店にはそれぞれ得意な領域があることは知っておきたいところです。

遺品整理で見つかったお宝!?骨董品の価値や買取など豆知識を分かりやすく解説

遺品整理をしていたら故人が残した品物の中からお宝が見つかるということもあるでしょう。
骨董品には茶道具や陶磁器、それに工芸品などがあります。
買取価格はその時代によって大きく異なり、需要の高い作品は高額になることもあります。
またその時々で流通価格も変わってくるのが骨董品の買取の特徴です。
骨董品を売りたいのなら、骨董に詳しい専門の買取サービスの利用がおすすめです。
ジャンルを問わずに買い取っている店の場合、価格が低めとなる傾向があります。

フランス語では骨董品のことをアンティークと呼ぶ

骨董品という言葉を聞いたことがある人は少なくないかもしれませんが、どのようなものが該当してるのか詳しく知っている人はそこまで多くないはずです。
基本的にいろいろな定義がありますが、芸術作品などが完成してから100年以上経過しているようなケースが該当してくると考えられています。
そのため最近の芸術家が発表した作品などは骨董品には該当しないと考えられるので、歴史的な価値が必要になるのかもしれないです。
同じような言葉にアンティークがありますが、こちらは骨董品という意味を持つフランス語になっていますから、基本的には同じことを意味しています。
ただアンティークの場合は100年以上前に作られた欧米の絵画や家具などが該当してきますから、その点は少し違いがあるかもしれません。
年数については同じ感じであり、やはりかなり昔に作られている作品でないと該当してこない可能性が高いです。
歴史的な価値があることで、高値で取引されることが多いので、実際に持っている場合は売却をすることで大金を手に入れられるかもしれません。

古美術品や古道具などが骨董品に含まれる

遺品整理や片付けや断捨離や大掃除や引越し準備などをしていると、家の中からいろいろなものが出てきて処分に困ったりしますが、古くて汚いからという理由で片っ端から捨てていくのはNGです。
その中には価値のある骨董品が紛れ込んでいるかもしれませんので、注意深くチェックすべきです。
骨董品の定義は曖昧で広くてわかりにくく、古美術品や伝統工芸や焼き物・塗り物の食器やアンティーク家具や古文書だけではなく、昔のブリキのおもちゃなども骨董品に含まれ高値で売れたりします。
古ければ古いほど価値は上がる傾向にあり、それが有名な作家で状態も良好で世の中に出回っている数も少ない希少なものである場合、相場・買取価格は一気に跳ね上がり思いもよらない高額な臨時収入をゲットすることが出来る可能性もあります。
一攫千金の夢も広がりますので、骨董品に含まれそうなものは捨てずに専門店に持ち込み査定してもらうべきです。
リサイクルのチェーン店ではなく、目利きの鑑定士が適正な査定をしてくれる専門店に持ち込みましょう。

骨董品は保険をかけることもできる

骨董品は「動産総合保険」というものをかけることが出来ます。
対象品となる骨董品の金額の上限がないため、骨董品のような1点でも価値があるものに適しています。
火事・落雷・風災などの自然災害(地震は対象外)や水濡れ・盗難・いたずらや破損中の事故、取り扱い時の不注意による破損と幅広く補償してくれます。
使用中だけでなく、保管中・郵送中・展示中の様々な事故が起きた場合の損害を補償の対象としています。
しかし、故意であったり本人の重大な過失や法令違反による損害は補償の対象外となり、詐欺や横領、差押えや没収での損害も対象外となります。
補償額を確定させるために、加入する前に鑑定も必要となります。
鑑定にかかる費用は自身で支払う必要があり、鑑定の結果によって補償額が変わるため、信頼出来る鑑定士に鑑定を依頼することが大切です。
動産総合保険はコストもかかるため、対象の骨董品の価値を考えた上で加入を検討するのがお勧めです。

古いおもちゃやブリキのロボットなども骨董品として取り扱われることもある

骨董品というと掛け軸や日本刀や壺や茶器や古銭や古文書や彫刻や絵画や家具などをイメージするかもしれませんが、はっきりとした定義は無く古いものは全て骨董品という扱いになったりします。
古いブリキのおもちゃなども骨董品に含まれることもあり、専門店に持ち込んで査定してもらえば想像以上に高値で買い取ってもらえることも多いです。
遺品整理や引っ越しや断捨離やリフォームなどのタイミングで、価値があるかどうか眉唾物だけど古くて趣があり捨てるのはもったいないなと感じるものの処分を考えているなら、誰かに譲ったりフリマアプリ・オークションサイトに出品したり近所のリサイクルショップに売ったりせず、骨董品買い取りの専門店を利用して売るべきです。
専門店ならではのノウハウ・知識・実績・経験があり安心して依頼できますし、専門店には確かな目を持つベテランの鑑定士が在籍しており、お客さんから託された大切な品を丁寧に見極めて正しい評価をしてくれます。

骨董品に関する情報サイト
骨董品の豆知識

このサイトでは遺品整理で見つかった場合に備えて知っておきたい、お宝を役立てるための骨董品の価値や買取などの豆知識を分かりやすく解説しています。
古びたアイテムはその価値に気づかないまま処分しかねませんので、注意が必要です。
古銭・記念硬貨・オリンピック記念メダルなども骨董の扱いになります。
場合によっては売却することができるでしょう。
骨董の買取専門店にはそれぞれ得意な領域があることは知っておきたいところです。

Search